群馬に家を建てることが決まったら!おさえておきたい家づくりのポイント

注文住宅 群馬 TOP > 群馬に家を建てることが決まったら!おさえておきたい家づくりのポイント

群馬に家を建てることが決まったら!おさえておきたい家づくりのポイント

欲しい家のイメージを具体化しよう

欲しい家のイメージを具体化しよう

私は今まで住んでいたアパートから新築の一戸建てに引っ越すことを決めて妻に話をし、そのとき初めて一体どのような家に住みたいのかを具体的に思い描いていなかったことに気づきました。それまではただ漠然と一戸建てに憧れていただけだったのかもしれません。

当初の計画が曖昧なまま家づくりを進めてしまうと後悔することになります。途中まで間取りを考えていって、リビングを広くしたい、採光窓を作りたい、将来子供が産まれたときのために子供部屋も必要だ、となって大幅に計画を変えることもあるでしょう。

こうした内容は突き詰めて考えていくと難しく感じて、ついプロに丸投げしたくなることがあります。ですがプロに任せても、黙っていても私たちの理想通りの家を建ててくれるわけではありません。家族の時間をどのように過ごすか、老後はどうしたいのか、理想を共有して家族で事前にどんな家に住みたいかを話し合ってイメージを明確にしておくのは大切なことです。

資金計画や融資を受ける準備をしよう

そして、家を建てるにあたって欠かせないのが予算です。住宅購入の際、具体的な話し合いが進んでいけば坪単価や敷地面積等から大まかな価格を考え、その他の諸費用も合わせておおよその必要資金もわかってきます。ですが資金計画を建てる場合、予算ぎりぎりで考えることは危険です。

返済計画には住宅の購入資金だけでなくランニングコストまで含めたプランニングが必要ですし、出費も現在かかっている月々の金額で固定というわけではありません。今後の人生の中で必要になる大きな出費は多数あり、車の購入や子供の学費、結婚式など人生の節目節目にあるイベントも含めて考える必要があります。

これらの費用まで見据えた資金計画を立てておくことで返済ができなくなるような事態を回避できます。また、住宅ローンにも様々な種類があります。低金利で借りられるローンや、病気や失業等があった際に返済免除になるローンもあるので、じっくりと自分たちに合ったプランを探しましょう。

家の建築を行うハウスメーカーを選ぼう

家の建築を行うハウスメーカーを選ぼう

どんな家を建てたいかのイメージを明確にした上でかかる費用がはっきりしたら、建てたい家のジャンルに強く、かつ実績のあるハウスメーカーをピックアップしていきます。ハウスメーカーにはそれぞれ得手不得手があり、木造なのかプレハブなのか、主に扱う工法にも違いがあります。

もし足掛かりがなくて不安を感じるのであれば、実際に展示場に行ったり、カタログを見て自分たちが住む姿を想像してみると家づくりを具体的に考えることができるようになります。展示場でオリジナリティのあるデザインなどを見てインスピレーションが湧く、ということも意外にあるのです。そして、展示場で気に入ったデザインのモデルハウスを見てハウスメーカーを選んでいく、という方法もあります。

そこでしっかりとヒアリングや間取りの相談に乗ってくれる担当者に出会えるかどうかが家づくりの第一歩であり、満足のいく注文住宅を建てることができるかどうかの最大の鍵になります。

time

▲ このページの先頭へ