注文住宅を群馬で建てるなら室内環境にもとことんこだわりたい!冬暖かく夏に涼しい群馬のマイホーム

注文住宅 群馬 TOP > 注文住宅は地元地域密着型の工務店で建てるべき!その理由とは? > 気密性や断熱性、耐震性に優れた注文住宅を建てるには?

気密性や断熱性、耐震性に優れた注文住宅を建てるには?

省エネの基本は断熱・気密と通風・採光

省エネの基本は断熱・気密と通風・採光

注文住宅は家族の希望をいろいろと取り入れていきますよね。キッチンやリビング、子供部屋、趣味部屋、あるいは夫婦だけの空間や仕事部屋まで、様々な要望があるからこそ個性が盛り込まれ、注文住宅にも魅力が生まれます。しかし注文住宅の魅力はそれだけではないのです。

断熱性や気密性、通風や採光がしっかりと考え抜かれた住宅というのは、1年を通して快適に過ごすことができる家になります。夏は涼しく、冬は暖かい。ここ数年、異常気象によって季節外れの梅雨になったり、猛暑を超えた酷暑になったりと、気候はますます荒れるばかりです。そんな中にあって家に帰ればいつも快適でいられる、それは住みよい家の大切な要素といえます。

冷暖房や照明に頼ることなくこれらを実現できる家が本当の「省エネ住宅」で、こうした住宅は注文住宅の方が希望に合ったものを見つけやすいのです。

住宅性能の低下・劣化と光熱費の関係

ただ、断熱性や気密性に優れた高性能住宅となると高額になってしまってとても手が出ない、と思われる方もいることでしょう。ですがここで考えてみていただきたいことがあります。それは、住宅の購入費用がそのままイコールでコストパフォーマンスになるのかどうかです。

コストパフォーマンスの高い住宅とは何か、を見つめ直す際に絶対に忘れてはならないのがランニングコストです。事前にライフプランを立てて節目節目のイベントにかかる費用を考える方は多いはず。ですが、実はもっと身近で見逃しがちな出費が隠れています。

それが「光熱費」です。光熱費はこの10年間でなんと1.2倍近くも高くなっていて、特に電気代は東日本大震災後は原発事故の影響も受けて高騰し続けています。しかも住宅は年数を経るごとに劣化していくため断熱性能なども落ちてしまい、結果として光熱費も膨らむのです。

最初から低価格で省エネ性能も意識されていない住宅であれば、なおさら光熱費の負担は大きくなるでしょう。これではとてもコストパフォーマンスが優れているとはいえません。

どこにでもある自然エネルギー「地中熱」

どこにでもある自然エネルギー「地中熱」

といっても、ハウスメーカー各社が様々な省エネ住宅を売り出していて違いがよくわからない方に私が個人的に惚れ込んだシステムをご紹介したいと思います。それは「地中熱」という自然エネルギーを利用したものです。

この地中熱、太陽光や風力との最大の違いは昼夜も季節も気候も、そして地域も問わず安定して利用できること。地中熱は年間の温度が平均で10~17℃と、夏には外気より低く、冬には外気より温かい状態にあります。つまり、年間を通して私たちが過ごしやすい温度を保てるのです。

暑くなってしまった部屋を冷房で一気に冷やすと多くの電気代がかかりますね。ですが地中熱のシステムであれば熱交換効率がアップし、ヒートポンプへの負荷も少なくなります。特に温度差が激しい場合には従来に比べて30~50%もの省エネ効果があるといわれています。さらにメンテナンスが不要であることからランニングコストも削減でき、石油やガスも使用せず、外気に排熱を行わないためにヒートアイランド現象緩和も期待されているクリーンエネルギーなのです。

今後家を建てるのであれば絶対に見逃せない省エネシステムとなっていくことは間違いなさそうですね。

time

▲ このページの先頭へ