注文住宅を群馬で建てるなら室内環境にもとことんこだわりたい!冬暖かく夏に涼しい群馬のマイホーム

注文住宅 群馬 TOP > 注文住宅は地元地域密着型の工務店で建てるべき!その理由とは? > 新築の平屋を建てる若い世帯が急増中!平屋住宅の魅力とは

新築の平屋を建てる若い世帯が急増中!平屋住宅の魅力とは

平屋住宅の魅力とは?

平屋住宅の魅力とは?

現在、新築で一戸建てといえば2階建てが主流です。平屋住宅も人気はありますが、建てるために2階建てなどより多くの敷地が必要になることがネックになっています。平屋を希望していても土地スペースの問題で諦める方も多くいるようです。私も妻とどんな家を建てたいか相談していたとき、2階建てにするか平屋にするかの話題が出ました。

私たちが魅力を感じていた平屋のメリットはというと、一言でいえば「将来まで見据えての暮らしやすさ」です。平屋だと目的の場所までの移動が楽で、生活動線が短くまとまります。2階建てで階段にあてるスペースは一般的に4~5畳といわれていますから、そのスペースを書斎にしたりすることもできます。そして2階がない分、足場代を抑えてメンテナンス費用を安く済ませることも可能になるのです。

平屋住宅の耐震性や性能面ってどうなの?

家を建てるときに気になるのが生活の利便性と、それ以上に安全性でしょう。特に日本は地震が多いので耐震性能をしっかり信頼できる家に住みたいものです。耐震性能で重要なのは地盤です。なぜ平屋が耐震性に優れているかというと、地震が起きたときに上の階の重さが加わらず、倒壊の危険性を抑えることができるためです。

また、平屋の形状も地震に強い理由のひとつです。建物の形状はシンプルな長方形の方が地震に強いといわれています。

減築リフォームが急増中の背景には…

減築リフォームが急増中の背景には…

近年、「減築リフォーム」が増えていることはご存知でしょうか。子供の成長で今まで4人暮らしだった家に夫婦2人になると家を広く感じる、という話はよく耳にすると思います。減築リフォームはこうしたライフスタイルの変化に適した住まいにすることを目的としているのです。

平屋の魅力として真っ先に挙がったのが、上でも書いたように階段がないこと。ですがそれはスペース確保だけでなく、登り降りがないこともメリットと感じました。歳を取れば毎日の階段の登り降りは負担になっていきますし、一方で幼い子供がけがをする原因にもなります。2階建てから平屋に減築をすれば階段を上り下りする必要がなくなり、掃除機を持ち歩く手間もなくなります。

ただし、平屋は住宅が密集する場所に建てると周りの家に遮られて日当たりが良くなかったり、隣の家のベランダから家が丸見えになってしまう、といった悩みも聞かれます。これらは住宅地に建てた場合にあるようで、特に都市部で平屋を選択すると起こりがちです。老後、終の棲家として選ぶなら圧倒的な人気を誇る平屋ですが、これらのデメリットもきちんと見据えて減築するかどうかを考えていきたいですね。

平屋を建てる上での注意点

平屋を建てる上での注意点

平屋は建てる土地の環境の影響を受けやすい建物です。隣家との距離が近い土地や、道路が近い土地など、建てる場所によっては風通しが悪くなったり、家の中に光が入ってこない、視線が気になるなど、非常に住みにくい家になってしまう可能性がありますので、特に「通風」と「採光」には注意が必要です。

また、屋根と住居スペースの距離が近い平屋の場合、屋根に断熱塗装を施すなど、十分な断熱対策を行っておかなければなりません。ひとつのフロアにすべての居住空間があるため、冷暖房効率などにも充分に配慮する必要があるでしょう。

都市部などでは敷地面積が限られているため、平屋では2階建て住宅と同じ延床面積を確保することが難しく、部屋数が極端に少なくなってしまうことも考えられます。建物が密集している都市部や、隣家との距離が近い住宅街では、平屋のメリットを活かすことができず、デメリットが際立ってしまうと言えるでしょう。

高くなりがちなコスト

平屋住宅を新築で建てる場合、約1,500万円~2,000万円が相場とされていますが、一般的に2階建てよりも総コストは高くなると言われています。一見すると、2階建て住宅は平屋よりも使用する資材が多く、耐震補強にも費用がかかるため、建築費用は平屋よりも多くかかるように思われがちですが、実際には、敷地面積が広い平屋住宅の方が、屋根や基礎の施工面積がそれぞれ2倍になる他、土地取得費用にも費用がかかるため、総コストで考えると高くなってしまうのです。

予算を抑えるには、最低限の屋根材で済む「片流れ屋根」を採用したり、外壁材を多く使うことになってしまうコの字型の建物や中庭のある間取りなどを避けること。地続きのゆったりとした空間が魅力の平屋ですが、こだわりたいところとコストカットできるところをうまく配分することが賢い建て方と言えそうです。

間取りにおける注意点

平屋はひとつのフロアにすべての居住空間があるため、音やにおいの伝わり方には充分に配慮する必要があります。特に、ニンニク料理などをした際に家中に匂いや熱気が充満してしまったり、寝室が近いため夜中に洗浄機を回せないなど、キッチン周りの間取りには失敗が多いようです。オープンなキッチンにするならば、壁を1枚配置するだけでも随分違いますので、設計の段階で確認しておくように心がけましょう。

また、ワンフロアは家族同士のプライバシーを確保するのも難しいと言えます。とは言え、あまりにも仕切りが多過ぎると今度は風や光を遮ってしまうため、通風・採光とプライバシー確保を両立させる間取りを検討しなければなりません。

多くの場合、平屋の中央にリビングダイニングを配し、その両隣に寝室や子ども部屋などを置くことでこれを解決していますが、たとえば「浴室から自分の部屋までリビングを通らなくてはならない」となると来客時などに不便な思いをするため、生活動線もあわせて考えることが重要です。

time

▲ このページの先頭へ